ウエスタンリーグ首位打者6月4日

ウエスタンリーグ首位打者6月4日

ウエスタンリーグ首位打者は誰か。

 本日(6月4日)現在、首位打者は、阪神タイガースの

 藤原 通 選手です。

 只今、打率3割5分9厘で、2位以下を大きく離して

 トップを独走中です。

 
 現在の、藤原 通 選手の成績を掲載します。

 ・試合数  29
 ・打 数  92 
 ・安打数  33
 ・打 点   14
 ・得 点   19
 ・二塁打   4  
 ・三塁打   0
 ・本塁打   2
 ・長打率  .467
 ・出塁率  .440


  藤原 通選手の経歴

   出身地:兵庫県高砂市
   生年月日:1979年6月18日(29歳)
   身長/体重:181cm/81kg

   投球・打席:右投右打
   守備位置:三塁手、一塁手、右翼手、中堅手
   プロ入り:2001年 ドラフト6巡目
   初出場:2002年
   年俸:1,200万円

  高校時代は神港学園神港高等学校出身で一塁手として、
  2年生の時に、夏の甲子園に出場。
  その後立命館大学に進学した。
  立命館大学時代は3年生から4番に座り、通算8本塁打を記録した。

  2001年のドラフト6位で阪神に指名され期待の長距離砲として入団。
  この時の背番号は2。

  入団後、大学時代まで守った一塁手以外に、
  三塁手や外野手にも挑戦、内野・外野どこでも守れる
  ユーティリティプレーヤーに成長した。

  ウエスタンリーグでは早くから力を発揮。
  プロ1年目の2002年のファーム日本選手権では
  3安打4打点の活躍で最優秀選手に選ばれた。
  その後の2006年のファーム日本選手権では、 
  千葉ロッテマリーンズの成瀬善久投手から、
  喜田剛・桜井広大とともに3者連続本塁打を放っている。

  ちなみに、この年オフ、結婚を発表。

  2007年シーズンはオープン戦でアピールし、
  開幕一軍候補に挙げられた。
  結局はウエスタンリーグでの二軍スタートとなるが、
  ファームで4割超の打率を残し一軍昇格。
  5月に一軍で実に5年ぶりとなる安打を打った。
                  <Wikipediaより一部引用


  しかしながら、2008年は一軍での出場機会は無かったが
  2009年の今年は、只今、首位打者。

  低迷する阪神タイガースの救世主となるか。


この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ウエスタンリーグ・イースタンリーグ野球情報:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.westernleague.gr.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。